EXHIBITION

ケンケンパ こどもと遊ぶ風景

Photo by:尾崎 芳弘

detail

NAGOYA DESIGN WEEK 2009に出展したエキシビション。
「もしもふうけいがきいろにそまったら こどもたちはむちゅうであそぶだろう
 みぎへひだりへとびはねて ケンケンパとはしゃいでいる」
という言葉からイメージし、イベントカラーであるイエローを全面的に打ち出すケンケンパをデザインしている。
幅広い公衆道路の歩道からギャラリーの壁面まで連続する長さ150mを超えるケンケンパを描くことで、道で遊ぶ感覚を楽しんでもらう。
こども達が飛び跳ねている光景は懐かしく、周囲をほほえましい気分に包んでくれる。
期間中、こども達だけでなくサラリーマンやマダム、老夫婦など様々な年代の方が無邪気に飛び跳ねてくれたことが印象的。
更にはエキシビションが終わり、ケンケンパを消している際に通りかかったおばあちゃんから「何で消すの?通るのが楽しくなったから消さなくていいのに」と言ってもらえたことがとても嬉しく、まだまだデザインの可能性があることを改めて気づかされることになる。

movie

spec

  • 所在地
    名古屋市千種区、florist_gallery Nと見付小学校の付近
  • 構造・規模
  • 主要用途
    ケンケンパ
  • 計画期間
    5ヶ月
  • 敷地面積
  • 施工期間
    2週間
  • 建築面積
  • 完成時期
    2009年10月10日〜20日
  • 延床面積
  • 担当
    間宮晨一千デザインスタジオ
  • 一覧へもどる