HOUSE, SELECTED

うつろう家/The Transient Home

detail

四季のうつろいや、日々の生活のうつろい、まちの風景のうつろいに、順応し、
長く愛され続ける建築となることを目指した住宅。

クライアントはご夫婦と双子の男の子。
交通量の多い道路、老舗の呉服屋、住宅、集合住宅に
敷地の四周を囲われていたことから、プライバシーの確保を強く求められた。
もともとこの敷地には平屋の倉庫が建っていて、こうした土地利用の更新が周囲でも起こっており、
今後も周囲の風景は更新を続け、長い時間をかけてうつろいゆくであろう。

そんなまちに、見る人の立ち位置によって、その姿を変える住宅を計画した。

この住宅はほとんどの場がワンルームとして繋がっている。
そこに、天井の仕上・床のレベル差・仕上げを少しずつ変化させることで、ワンルームの空間に小さな差異を設えた。
そうすることで、それぞれの場において、独立した部分としての感覚や、
連続的な全体としての感覚が共存するように生まれている。
そうした部分と全体の感覚を行き来する状態がこの住宅にはあり、その様相は常にうつろいゆく。

外部においても、T字路に面した北西角地であることから、
朝から夕方までの陽の光の動きによって、その表情を変えるよう、
艶があり、光の当たり方によってその色味を変える仕上げが施されたガルバリウムを用いている。
また、その艶は周囲の環境を映し出し、周囲に溶け込む効果も担っている。

状態が一定でなく、その様相がうつろうこの住宅は、今後起こる様々な変化に順応し、
クライアントの生活を自由で豊かなものにしていくだろう。



This house was built with the aim of being a structure that could be appreciated for a long time by adapting to the four seasons, everyday life, and the scenery of the town.

The clients for this project were a couple and their twin boys.
Assuring their privacy was strongly requested since the site is surrounded by a busy road, an old kimono shop, residences, and housing complexes.
Originally a one-story-warehouse was built on the site. This kind of repurposing of land has been taking place around the area, and will take ages to continue as they renew and change the surrounding scenery.

We designed such a house in the town, one which could change its aspect depending on viewers.

Single rooms connect most of the space in this house. Small changes in a ceiling finish, differences in floor levels, and finish, created small differences in the space of individual rooms. In doing so, a sense of independent parts and that of the continuous whole could coexist. The house produces a sense of fluctuation between these two elements, and this aspect is constantly changing.

In the same way, since the house is located on a northwest corner facing a T-intersection, the exterior was made glossy in order to change its mood through the movement of the sun from morning to evening. Galvalume steel plates that change their color tones depending on the sunlight were used. In addition, this gloss reflects the surrounding environment, and helps the home to fit in with the surroundings.

This house with its non-constant and changing appearance will adapt to a variety of changes that occur in years to come, and will enhance the clients’ life.


spec

  • 所在地
    愛知県春日井市
  • 構造・規模
    木造2階建
  • 主要用途
    専用住宅
  • 計画期間
    8ヶ月
  • 敷地面積
    174.08 ㎡
  • 施工期間
    7ヶ月
  • 建築面積
    99.44㎡
  • 完成時期
    2013年9月
  • 延床面積
    149.74㎡
  • 担当
    間宮晨一千・福島巧也
  • 一覧へもどる