HOUSE

田園にひらく家

detail

敷地の特徴を活かした、田園風景との繋がりを楽しむ住宅。

敷地は旗竿形状であり、細いアプローチを抜けた先は扇形に広る、
田園をパノラマで望むことの出来る豊かな場所であった。
そこで、建物の形状を敷地により沿うように扇形とすることで、
敷地から見える風景をそのまま取り込むことを考えた。

また、道路から約2.2m下がった位置に敷地があったため、
玄関を2階に設け、2階をみんなが集まる空間、1階をプライベートな空間とした。
玄関を入ると正面には、大開口の先に広がる田園風景が見える。
みんなが集まる場であるLDKは、その大開口と高い天井高により、
室内にいながらも田園風景との繋がりを感じられる開放的な空間となっている。

田園にひらくことにより、四季のうつろいを存分に楽しめる豊かな住宅となった。

spec

  • 所在地
    愛知県豊明市
  • 構造・規模
    木造2階建
  • 主要用途
    住宅
  • 計画期間
    8ヶ月
  • 敷地面積
    201.22㎡
  • 施工期間
    6ヶ月
  • 建築面積
    70.15㎡
  • 完成時期
    2013年12月
  • 延床面積
    116.85㎡
  • 担当
    間宮晨一千・小田桐翔
  • 一覧へもどる