HOUSE, SELECTED

回廊の家/The House of Cloister

detail

名古屋市内の住宅地に建つ、ガレージをもつ二世帯住宅である。

敷地は北側から南側へ接道の道路に向けて大きく広がりつつ下がっていく台形形状をしている。
さらに100坪の大きな面積であり間口が20m以上も接道するため、まちなみに大きな影響を与える形状であった。

このような特徴的な形状を活かしながら家族の距離感と空間的な広がり、
趣味のガレージスペースの在り方が検討された。

解法として1つのアイデアにたどり着く。
空間を一つながりの長い紐のように捉え、ガレージスペースを起点にしながら敷地に合わせて渦巻き状に配置してみる。
すると渦巻きの中心が中庭となって世帯間の空間を適度に分節し、
共用空間としての玄関土間と水周りを廻れる回廊の図式が現れてくる。
紐のような長さは動線の上で家族の距離感を生み出す。
一方、中庭は二世帯の家族にとってほどよい距離感を保つボイドとなり、そこに向かって居室を開放的にすることで空間の広がりと明るさを得ることが出来た。
また、中庭と玄関土間が開放的に繋がっていることで土間空間が外部との緩衝帯となり、まちなみとの連続感がありながらも同時に居住者のプライバシーが確保されるようになっている。
加えて、建物は周囲よりも大きな2層ボリュームの要求であったため、道路に面するボリュームを低く抑えることでまちなみに配慮しつつ、中庭への採光にも考慮している。

回廊の家は、家のどこにいても中庭と繋がり開放的でありながら、
まちとの連続感も感じる住宅となっている。


We designed a two-family house with a garage, located in a residential district of Nagoya.
The trapezoid building site extends downhill from north to south. The site covers an area of 100 tsubo (330 m2) and its frontage of over 20 meters abuts the road. A building on this spacious and characteristic site would obviously make a great impact on its surrounding townscape.
We repeatedly examined the layout of each living space, including a garage for recreation and private rooms for each family while maintaining spaciousness as well as a certain distance between the two families, taking full advantage of this distinctive site.
We came up with an idea to meet all these conditions: a house featuring a “cloister.” Starting from the garage, each space can be laid out within the site in a spiral. At the center of the house is a courtyard, providing the families of each generation adequate private space as well as smooth access to shared living space, from the entrance to bathroom.
On the other hand, each room opens onto the courtyard, so it acts as a nice atrium to provide each room with spaciousness and light.
Although the entrance is directly linked to the courtyard, the entrance serves as a transitional area, separate from the outside of the house. It also ensures each resident’s privacy while giving a welcoming atmosphere.
Also, as this is a two-story residence, making it larger than any surrounding houses, the entrance space is single-story. This design feature minimizes the impact on the neighboring houses and allows natural lighting to enter the courtyard.
The structure of this house gives smooth access from every living space to the courtyard.
The cloister-style house boasts an open atmosphere while harmonizing with the surrounding landscape.



spec

  • 所在地
    愛知県名古屋市
  • 構造・規模
    木造2階建
  • 主要用途
    専用住居
  • 計画期間
    2年
  • 敷地面積
    330.0㎡
  • 施工期間
    8カ月
  • 建築面積
    126.83㎡
  • 完成時期
    2015年4月
  • 延床面積
    220.55㎡
  • 担当
    間宮晨一千・走川礼奈
  • 一覧へもどる