HOUSE

C/D

detail

不動産会社との企画から始まった2軒の建売住宅。
「敷地境界線」をテーマに扱った始めてのプロジェクトである。

もともと80坪の敷地を2つに分筆し、建売住宅をつくりたいという不動産会社の依頼である。
しかし、すぐに問題となったのは敷地の環境であった。
道路からは北入りで、南側には大きな住宅が近接しているため、
採光条件が悪く、南に庭をとることが難しい。

そこで提案したのが「互いの敷地境界線と庭を共有する配置」、
つまり、2軒で中庭をつくる手法であった。
中庭をつくることで採光条件は良くなり、
庭を共有することで空間に広がりを与えることができる。
さらに外壁材に光沢のある材料を用いることで、
陽の光を反射させて、中庭にたくさんの光を集める工夫を施した。

このプロジェクトでは「互いの敷地境界線と庭を共有する配置」によって、
道路からの視線に対して、街に奥行きを与え、
住人間の交流を活発にさせ、街に賑わいを生むことができた。



The project of two-spec housings started from our cooperation with a real estate firm, which was the first project with the theme of property line.

Originally the real estate firm requested the building of spec housing by dividing a 264m2-site into two. However, the environment in the site was immediately considered a problem. As the north side faced the street and a large house was close to the south side, the daylight condition was bad and it was difficult to obtain enough space for a yard on the south side.

To solve this problem, the arrangement to share each other’s property line and yard was proposed. Thus, a courtyard over the two houses was created.
The courtyard improved the bad daylight condition and spaciousness was produced by the shared yard.
In addition, the glossy exterior materials reflected sunlight and lots of light gathered in the courtyard.

In this project, the arrangement to share each other’s property line and yard created the depth toward views from the street, and boosted exchanges between residents. A lively atmosphere was produced in the town.


movie





spec

  • 所在地
    愛知県日進市藤塚
  • 構造・規模
    木造2階建て
  • 主要用途
    住宅
  • 敷地面積
    C棟132.21㎡(39.91坪)         D棟134.43㎡(40.58坪)
  • 施工期間
    5ヶ月
  • 建築面積
    C棟72.88㎡(22.00坪)          D棟72.88㎡(22.00坪)
  • 完成時期
    2008年10月
  • 延床面積
    C棟133.75㎡(40.37坪)         D棟133.75㎡(40.37坪)
  • 担当
    間宮晨一千・佐藤淳
  • 一覧へもどる