HOUSE, SELECTED

奇箱 / KIBAKO

detail

難しい環境条件から着想を得た住宅のプロジェクト。
南側に4階建てのマンションがあるため、住人の視線が気になり採光を取り入れることが難しい敷地。
クライアントの要望は、この環境で 「明るく、開放的な空間を」 というものだった。

そこで方法として、
1.吹抜によってトップライトからの自然光を家の中心まで取り入れ
2.北側に中庭を配置し、中庭を囲う北側の壁に光を反射させて室内へ採光を取り入れ
3.北側の明るい中庭を眺めることで、空間の広がりを得る。
の3点を導き、空間をデザインしている。

多様な開口部をもつ 「奇箱」 は、難しい環境条件であってもアイディアを用いることで豊かな空間を実現できている。



This project was inspired by difficult environmental conditions. It was not easy to allow light into the site due to concerns about views from residents in the four-story apartment on the south side of the house. The client required a bright and open space in this environment.

The following three principles led to the design of the space.
1. Let in natural light into the center of the house from a top light using an open ceiling.
2. Create a courtyard on the north side; let in light by reflecting light against the wall around the courtyard on the north side.
3. Extend the sense of space via the bright courtyard on the north side.

Creative ideas allowed the principle of kibako (an unusual box) to be used and a wide range of openings to make a rich space even under the difficult environmental conditions.


spec

  • 所在地
    岐阜県各務原市鵜沼
  • 構造・規模
    木造2階建て
  • 主要用途
    住宅
  • 計画期間
    5ヶ月
  • 敷地面積
    203.78㎡(61.52坪)
  • 施工期間
    5ヶ月
  • 建築面積
    75.34㎡(22.74坪)
  • 完成時期
    2011年6月
  • 延床面積
    113.19㎡(34.17坪)
  • 担当
    間宮晨一千・掛布麟太郎
  • 一覧へもどる