HOUSE

だんだんだん

detail

高低差のある敷地条件から着想を得た住宅の計画。

北側の隣地が低いところにあるため、採光の配慮が必要であった。
まず、土地の傾斜に沿った、隣地にやさしい屋根勾配のボリュームを考えた。
そこで半地下空間を含めた3層分の高さを立体的にとらえ、土地の高低差を利用した構成とし、同時に述床面積を確保しながら大きな庭を手に入れることができた。

内部は地形に合わせたスキップフロアとなっており、中心には大きな吹抜けを配置した。
部屋同士がゆるやかにつながり、開放感を得ることができた空間となっている。

spec

  • 所在地
    東海市名和町
  • 構造・規模
    木造2階建て
  • 主要用途
    専用住宅
  • 計画期間
    7ヶ月
  • 敷地面積
    241.26㎡(72.98坪)
  • 施工期間
    5ヶ月
  • 建築面積
    69.55㎡(21坪)
  • 完成時期
    2012年6月
  • 延床面積
    108.89㎡(32.87坪)
  • 担当
    間宮晨一千・平塚直也
  • 一覧へもどる