HOUSE

/SLASH

detail

内と外との視線のあり方をテーマに扱った住宅。

クライアントの要望は、光が射しこむ明るい室内空間と愛着の持てる特徴的な外観が求められた。
敷地は10年以上前に開発された閑静な住宅街の一角。長くつづく一本道の突き当りに南面を向ける環境では、
道ゆく人々の視線を避けながらどのように光を採り入れればよいのかが課題となった。

そこで斜めの壁のアイディアが検討される。
道に面する壁を斜めに倒すことで、通行者からの視線を遮り、室内の家族の視線は上部の空へと向けることができる。
さらに、斜めの壁に設けられた開口部からは、十分な採光がとれるようになった。
1層目にはアーチ型、2層目には家型、3層目には四角型の開口部をもつ内部では、
それぞれの層ごとに異なった風景への見え方を作り出している。



A house focused on views from inside and outside.

An interior space filled with light and a characteristic facade were required by our clients.
The site is a quiet dwelling area developed more than 10 years ago. The south side of the property faced the end of a long road, and the task was how to let in light inside but prevent a direct view from passersby.

Thus, a slanting wall was considered. This prevents passersby from seeing in and allows families in the room to look out at the sky at the upper side.
Moreover, from the openings on the slanting wall, just enough light was let in.
The windows are varied at each level: an arch-shaped opening on the first level, a house-shaped one on the second level, and a square-shaped one on the third level. Inside the property these various shaped openings make it possible for residents to see different views on each level.


spec

  • 所在地
    岐阜県関市
  • 構造・規模
    木造2階建て
  • 主要用途
    専用住宅
  • 計画期間
    15ヶ月
  • 敷地面積
    281.01㎡(85.15坪)
  • 施工期間
    6ヶ月
  • 建築面積
    66.59㎡(20.18坪)
  • 完成時期
    2012年11月
  • 延床面積
    104.96㎡(31.81坪)
  • 担当
    間宮晨一千・走川礼奈
  • 一覧へもどる