PUBLIC, SELECTED

真光寺本堂 / Shinkoji Temple

detail

空と街をつなぐ寺院本堂の計画。

場所は名古屋市南区、ここは市内でも旧市街地に位置し商店街の面影を残す地域である。

設計を進めるにあたり寺院の慣習を維持しながらも、
人々が集うことのできる多目的な空間をもち、
まちの公共空間となるような寺院建築を求めた。

この建築は次の操作により組立られる。
まずは建物の構造となる2本の柱を山門に見立てる。
そこに高さ3.6mの大梁を斜めに繋ぎ、建物を東西に分断することで、
視覚的な体験としての参道をつくる。
次いで1階には西の方角を拝殿するように本尊を配置し、
2階には多目的に使用することが出来る壇信徒会館を設けて積層させる。
そこに5mの張り出しをもつ片流れの薄い大屋根が覆うことで
寺院建築としてのシンボル性を獲得する。
最後に仏、法、僧の三宝になぞらえた3つのトップライトで空間を縦に穿つことで、
拝殿する本尊上部から光が降りそそぎ、明るく親しみやすい雰囲気を漂わせている。
また壇信徒会館からも本尊上部に降りそそぐ光が感じられるような仕掛けにもなっている。
山門からは明、暗、明の光のグラデーションをつくりながら空へと続く参道が実現し、
室内においては上下に移動するシークエンスの中で、空と街とをつなぎ、
豊かな光の体験を促している。

寺院建築の歴史を紐解いてみると、
そこには建築技術の発展とシンボル性をもつ屋根の獲得があったと見受けられる。
防火基準が厳しい市街地のコンパクトな敷地において、
人々が集う空間を併せ持つためには、積層させ機能を複合化しRC造でつくること。
その上で歴史に習うように構造的な試みが行われ、
大屋根が人々を優しく迎い入れるような空間が実現した。



Plan for the temple’s main building to connect the sky and a town. The site is located in an old town in Minami-ku Nagoya city, where the traces of a shopping street still remained. Keeping the temple’s traditions in mind, we designed the temple aiming to construct a multipurpose space to attract people, and perform as a public space in the town.

The construction was planned with the following considerations:
Firstly, two pillars as the building’s frames were likened to temple gates, and divide the building east and west by diagonally connecting 3.6m-high girders on these pillars—turning the road leading to the temple into part of the visual experience. Honzon, a principal object of worship, was arranged facing west on the first floor worship place. On the second floor, a multipurpose hall for the temple’s supporters was established. In addition, a thin and large single-pitch roof with 5m-gables allowed us to achieve symbolic temple architecture. Lastly, vertically piercing the space are three top lights representing the three jewels: Butsu (Buddha), Ho (Dharma) and So (Sangha), the light shining down upon the top of the honzon provides a bright and friendly atmosphere. Also, people can feel this light even in the hall. From the temple gate, creating the gradation of brightness and darkness, the road leading to the temple appears, and follows the sky. While at the same time, the inside enhances and creates a rich experience as the light connects the sky and the town in a sequence moving from the top to the bottom.

Looking at the history of temple architecture we can see the development of the craft and the symbolic roofs. In order to ensure the space for people’s communication in a small site in urban area where fire protection is strictly required, it was important to design reinforced concrete structures by layering to compose the functions. Considering these factors, we made the structural attempt by following history, and created a space where a large roof kindly received people.

spec

  • 所在地
    名古屋市南区
  • 構造・規模
    鉄筋コンクリート造3階建
  • 主要用途
    寺院
  • 計画期間
    1年4ヶ月
  • 敷地面積
    520.41㎡
  • 施工期間
    1年3ヶ月
  • 建築面積
    261.94㎡
  • 完成時期
    2014年6月
  • 延床面積
    493.39㎡
  • 担当
    間宮晨一千・永田祥知

cooperation

構造設計:藤尾建築構造設計事務所
照明設計:ぼんぼり光環境計画
家具制作:魚安家具、千葉工作所、EVEN

  • 一覧へもどる