PUBLIC

みんなのみち / MINNA-NO-MICHI

Photo by:松原 誠

detail

不動産会社と企画した互いの土地に共有する路をつくる計画。
「敷地境界線」をテーマに扱った〈C/D〉につづく、2つ目のプロジェクトである。

約250坪の敷地全体を分筆し、
関係性が豊かになるような6軒の住宅地をつくりたいという依頼である。
そこで提案したことは、通常は裏となりがちな隣地境界線から40cmの隙間(*)となる空間を互いに共有し、
幅80cmの「みんなのみち」をつくる、という内容である。

みんなのみちがあることで、近隣に対し開かれた関係を築くきっかけを促している。
それぞれの住宅では、みちを歩く人が楽しい気持ちになれるような小さな壁画が描かれていたり、
子どもたちが集えるようなスペースが開放できたり、
住人が顔を合わせることができる玄関ポーチがあったり、
腰掛けて井戸端会議できる出窓をつくったり、様々な工夫を施している。

「みんなのみち」があることで、この住宅地の住人たちが、
将来に渡って、豊かな関係を育むことができると信じている。

(*民法上、隣地から建物まで一定の距離を離さなくてはならない隙間のこと)



The project was done in cooperation with a real estate firm whereby a shared passage in each other’s land was created.Following “C/D” project, this is the second in which we focused on the theme of property line.

The client required the whole 825m2 site to be divided and a dwelling area of six houses be created in the space. It was hoped this would enhance the residents’ relationships. To meet this demand, we proposed creating a 80cm-wide minnanomichi (a passage for everyone) by using the 40cm-wide common gaps (*) from the boundary line of the adjacent land that tends to be in the background.

Minnanomichi promotes the opportunity to create an open, neighborhood-like community. Various creative ideas were implemented toward each dwelling: small wall paintings for the enjoyment of pedestrians, open space for children to get together, a front porch where residents can meet up, a bay window in which people can sit and chat.

The aim of the project was to make residents capable of cultivating rich relationships into the future.

(* A legal boundary to establish certain distance between properties via the Civil Code.)


spec

  • 所在地
    愛知県日進市梅森台
  • 構造・規模
  • 主要用途
  • 計画期間
  • 敷地面積
  • 施工期間
  • 建築面積
  • 完成時期
    2013年5月
  • 延床面積
  • 担当
    間宮晨一千・小田桐翔・石田真以・走川礼奈
  • 一覧へもどる