PUBLIC

遠山保育所

Photo by:

detail

震災で地盤が歪み、建物が大きく傷ついた七ヶ浜町遠山保育所を、新たに建替えるために行われた設計競技の提案。
東日本大震災以後、豊かなまちへと復興を目指すうえで、人と人との繋がりがとても重要だとわかった。その上で新たに考えられる保育園として、人々の繋がりが自然と生まれる縁側回廊を提案した。
縁側回廊があることで、まちと繋がり、地域全体で子ども達を育む保育所となる。
「まちの人たちの顔がすぐ近くに見え、子ども達の顔もすぐ近くに見える」
「子ども達は窓辺を自由に走り回り、時には窓が全て開け放たれ、まちの人々と交流する」
まちの人々にとって、保育所という場所がただ通り過ぎるだけではなく、公園のように立ち止まり、安らぎ、憩うことのできる場所となるよう計画した。

spec

  • 構造・規模
    プロポーザル
  • 担当
    間宮晨一千・福島巧也
  • 一覧へもどる