SCENERY

キャンバス・プロジェクト2014/ Canvas Project 2014

Photo by:杉浦文孝

detail

Title:GROVE

Concept:
小さな森(GROVE)が今回の柄のコンセプト。
デザインスタジオのオフィスは、光の柔らかさなのか、
窓と床の配置のアンバランスな感じなのか、
またはそこにいる人の雰囲気なのか、
森の中にいるような感じがした。
薄暗く深い森の感じではなく、
小さなものが集まって一緒に生きているような森のイメージ。
そのイメージを大切にしてデザインした。

Profile:
近藤正嗣(こんどうまさし)
1983年愛知県生まれ。
多摩美術大学大学院テキスタイル専攻修了後、
NIKE TOKYO DESIGN STUDIOにて
シューズのカラー&マテリアルデザイナーとして働く傍ら、
フリーランスのテキスタイルデザイナーとして活動する。
フィンランド/マリメッコ社の2011年春夏のシーズンに
近藤がデザインしたテキスタイル(布地)が発売される。
2012年春より独立し、自らデザイン、
製作したテキスタイル(布地)のファッションブランドへの提供や、
バッグや服、帽子などの販売を行っている。

See other works:
http://hachibunno5.com


Title: GROVE

Concept:
For the Canvas Project 2014, “grove” was applied as the concept for the pattern.
A feeling of life in a grove was accomplished in the design studio, via soft light, imbalance in the layout of windows and floors, and the atmosphere of the staff of the studio. It was an image of a grove where small creatures lived together—rather than a gloomy deep forest—that was felt in the studio. Focusing on this image, the design was carried out.

Profile:
Masashi Kondo
Born in Aichi Prefecture in 1983.
After finishing his Master program at Tama Art University, in Textile Design, Kondo worked as a designer of colors & materials for shoes at Nike Tokyo Design Studio. During this period, he also designed textiles on a freelance basis. Masashi Kondo-designed textiles were launched in the 2011 spring/summer collection of Marimekko in Finland. His own business has been in operation since spring 2012. He offers his original textiles to fashion brands as well as selling bags, clothing, and headwear.

See other works:
http://hachibunno5.com

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


キャンバス・プロジェクトとは

デザイナーやアーティストを毎年選定、発表の場を贈るプロジェクト。

デザインスタジオでは、打ち合わせ時に使用する図面や資料を入れるための、
オリジナルバッグを製作しクライアントに渡している。
そのデザインを愛知県出身、もしくは愛知県で活動している若いつくり手に依頼。

クライアントにとっては、人生に一度かもしれない設計依頼。
使用することで、その打ち合わせがより楽しくなるバッグとなるように。
そして私たちを介して、デザイナーとクライアントの接点になることがあれば嬉しい。

また弊社スタッフが各自現場や、打ち合わせに使用することで、
つくり手の動く広告塔としての機能を果たしている。


About Canvas Project

Each year the project provides different designers and artists opportunities to introduce their works.
Our clients are given our original eco bag to put their drawings and other documents used for meetings.
Creators from Aichi or those who are working in the area are asked to contribute to the design of the bag.
A design request for a house might be an once-in-a-lifetime event for our clients.
This is why we are glad if the bag adds fun to their meetings, and if we can connect designers with our clients.
In addition, our staffs act as a moving advertisement when using the eco bag at their job sites and meetings.


spec

  • 構造・規模
  • 計画期間
  • 施工期間
  • 建築面積
  • 完成時期
    2014年1月
  • 延床面積
  • 担当
    間宮晨一千・樽見星爾

cooperation

デザイン・制作:近藤正嗣

  • 一覧へもどる