SCENERY

土原住宅プロジェクト/Tsuchihara House Project

detail

名城大学谷田研究室との産学連携で実施されたプロジェクト。
デザインスタジオはプロジェクトの企画と、研究室の提案をバックアップ、
そして一連の軌跡を書籍化し、その成果をまとめた。

このプロジェクトは‘名古屋や東海圏を若い力で盛り上げていきたい’という想いから、
「NAGOYA DESIGN WEEK2009」をきっかけに交流を深めた谷田准教授と始められた。

計画地は名古屋市内にある小高く緑に囲まれた場所。
研究室が主体的に住宅を構想し、
クライアントにヒアリングを行い、打合せを重ねながら基本計画をまとめ、
実施の提案まで辿り着くという実践的なプロジェクトとなった。
また、その過程において構造家や職人の方々と打合せを行うことで、
学生たちが大学の授業だけでは補えない体験による教育的な効果も得ることができた。

大学の研究室に実施設計の機会を贈り、
その提案に喜んでくれるクライアントに出会い、
プロジェクトを通して学生たちが明らかな成長を見せてくれた。
この‘幸運の連鎖’が、これからも続くことで、
この場所が若い力にチャンスが与えられる街となることを願っている。


A joint industry and university project between MAMIYA SHINICHI DESIGN STUDIO and Makoto Tanida’s laboratory in Meijo University. We organized the project, supported the laboratory’s propositions、and compiled a series of records in a book.

The desire to boost Nagoya and the Tokai area via young people, began after Nagoya Design Week 2009, where we worked with Dr. Tanida.

The planned location for the site was located on a green hill in Nagoya City. Practical considerations were observed throughout the design process of the project: The residence was conceptualized mainly in the laboratory; The basic finalized plan was reached via meetings with the client, which led to their accepting the project proposal. And, through this process, students gained an educational experience via activities such as the meetings with the client, structural engineers and craftsmen, which cannot be had through the university’s lectures alone.

We provided the laboratory with the opportunity to execute the design; met with the pleased client about the approach; and saw students’ clear development through the project. It is hoped that the continuation of this “lucky chain” will allow the place to become a town that provides young people with opportunities.

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

U-HOUSE 計画概要

クライアントからは人が集まる開放的な場が求められた。
中心となる吹抜けのある土間空間では、
エントランス、リビング、ダイニング、キッチンに明確な仕切りを設けないことで、
空間の連続性を生み、それぞれの領域の境目が曖昧になることで、多様な使い方を促している。


The client required an open place where people could get together.
Continuity in the space was produced via a dirt floor with an open ceiling, which is the center of the residence, and by not creating any clear partitions between the entrance, living room, dining room, and kitchen. The unclear boundaries between each area encourage multiple use of this dirt floor space.


spec

  • 所在地
    名古屋市天白区土原
  • 構造・規模
  • 主要用途
    個人住宅
  • 計画期間
    16ヶ月
  • 敷地面積
  • 施工期間
    6ヶ月
  • 建築面積
  • 完成時期
    2013年4月
  • 延床面積
  • 担当
    名城大学谷田研究室・間宮晨一千デザインスタジオ

cooperation

BOOK制作:株式会社オープンエンズ

  • 一覧へもどる