SCENERY

キャンバス・プロジェクト2013 / Canvas Project 2013

Photo by:杉浦 文孝

detail

Title:society

Concept:
柄の中の白い大きなドットは場を表しており、
黄色い三角形は建物もしくは人を表している。
細かいドットや長方形の形は仕組みを表し、
全体に広がるグレーの背景が空間をイメージした。

「空間」、「しくみ」、「場」という三つの要素が組み合わさることで
幸せで豊かな社会が成り立っているところをイメージし柄にした。

Profile:
青山佳世(あおやま かよ)
1982年生まれ。名古屋育ち。
大阪大学スウェーデン語科卒業後
スウェーデンヨーテボリ大学にてグラフィックデザインを専攻。
帰国後はミナペルホネンを経て2012年フリーにて活動を始める。
植物や図形をモチーフにした手描きの図案によるテキスタイルを制作する。
2013年の秋冬より、Ebonyivoryとのコラボレーションによる洋服を
note et silence.店舗にて発売予定。

Exhibition:
Plant prints ー植物の模様ー
期間:2013.01.05~2013.02.03
場所:国営昭和記念公園 花みどり文化センター ギャラリー2

See other works:
http://kayoaoyama.com



Concept:
Big, white dots in the design represent the place, and yellow triangles represent buildings or people.
While small dots and rectangles represent structures, space is imagined by a gray background throughout the whole design.

The design was created with this image in mind: the use of a combination of three factors, space, structure, and place to establish a happy and prosperous society.

Profile:
Kayo Aoyama
Born in 1982.
Grew up in Nagoya.
After graduating from the Osaka University of Foreign Studies, Kayo studied graphic design at the University of Gothenburg in Sweden. She worked at Minä Perhonen after returning to Japan and has been a freelancer since 2012.
She produces textiles with plant and graphic motifs drawn by hand.
Since A/W 2013 clothes produced through the collaboration of Kayo and Ebonyivory have been sold in note et silence shops.
www.ambidex.co.jp/brand/ebonyivory/

Exhibition:
Plant prints
Date: 2013.01.05¬–2013.02.03
Place: Gallery2, Hanamidori Cultural Center, Showa Kinen Park

Other works:
http://kayoaoyama.com


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


キャンバス・プロジェクトとは

デザイナーやアーティストを毎年選定、発表の場を贈るプロジェクト。

デザインスタジオでは、打ち合わせ時に使用する図面や資料を入れるための、
オリジナルバッグを製作しクライアントに渡している。
そのデザインを愛知県出身、もしくは愛知県で活動している若いつくり手に依頼。

クライアントにとっては、人生に一度かもしれない設計依頼。
使用することで、その打ち合わせがより楽しくなるバッグとなるように。
そして私たちを介して、デザイナーとクライアントの接点になることがあれば嬉しい。

また弊社スタッフが各自現場や、打ち合わせに使用することで、
つくり手の動く広告塔としての機能を果たしている。


About Canvas Project

Each year the project provides different designers and artists opportunities to introduce their works.
Our clients are given our original eco bag to put their drawings and other documents used for meetings.
Creators from Aichi or those who are working in the area are asked to contribute to the design of the bag.
A design request for a house might be an once-in-a-lifetime event for our clients.
This is why we are glad if the bag adds fun to their meetings, and if we can connect designers with our clients.
In addition, our staffs act as a moving advertisement when using the eco bag at their job sites and meetings.


spec

  • 所在地
  • 構造・規模
  • 主要用途
  • 計画期間
  • 敷地面積
  • 施工期間
    - 
  • 建築面積
  • 完成時期
    2013年
  • 延床面積
    - 
  • 担当
    間宮晨一千・樽見星爾

cooperation

デザイン・制作:青山佳世

  • 一覧へもどる