CLINIC, SHOP

いのまたクリニック

Photo by:神谷亮賢

detail

名古屋市内にある内科・循環器科・小児科のクリニック計画である。

位置するのは愛知県名古屋市千種区本山駅付近。
四谷通沿いの繁華街にあるテナントビル一階で視認性に良い場所である。

ビルを訪れてみると間口6.5mに対して奥行26mという細長い形状のため採光は乏しいのだが、比較的高い天井高のおかげか窮屈さを感じることはなかった。
内科や小児科など親しみや寛げる雰囲気が必要とされる診療科目のクリニックには、この場所がどのような空間であるべきか検討を進めることとなった。

そこで着目したのが天井高を生かした入れ子の空間構成である。
空間の中に家型を挿入し配置することで小さなマチのように見立ててみる。
「診察室」を医者の『家』、採光の確保できる道路側に設けた「待合」を『広場』、
細長い通路状の「中待合」を『路地』のように計画する。
すると入口を兼ねた『広場』へ入り、『路地』を通り抜け、
「まちのお医者さん」の『家』へ訪問するようなストーリーのある空間が出来上がった。

そのようにして訪れる『家』は患者と医者との心理的距離感を縮め、
訪れる方々に優しい気持ちを与えてくれるクリニックとなることを期待している。

spec

  • 所在地
    愛知県名古屋市
  • 構造・規模
    RC造 テナント
  • 主要用途
    診療所 (内科・循環器内科・小児科)
  • 計画期間
    4ヶ月
  • 施工期間
    1ヶ月半
  • 完成時期
    2017年5月
  • 延床面積
    174.98㎡
  • 担当
    間宮晨一千、神谷亮賢

cooperation

グラフィックデザイン:武村彩加

  • 一覧へもどる