SELECTED, SHOP

イルマン堂 / IRUMANDO COFFEE

Photo by:漆戸 美保   歌津 亮悟

detail

東京都中央区小伝馬町で半世紀に渡って愛された「イルマン堂」というカメラ屋が存在した。
このプロジェクトは如何にその歴史性と名称を継承しながら珈琲専門店としてコンバージョンできるかが問われた計画である。

我々はまずカメラ屋である文脈をアイデアの発端として、刻のうつろいに想いを馳せるシーンを浮かべながら空間構成の検討を進めることにした。

イルマン堂は1フロア10坪未満という小さな床面積である。
その面積の狭さを逆手にとりアーチ天井にすることで室の輪郭を曖昧にし、照明を抑えて暗くすることで小宇宙のような無限さを感じられる空間を創り出している。
包まれるような落ち着きと精神的な広さ感が共存する空間は、茶の湯の空間にも通じるところがある。
またアーチ天井と絞った照明、そして小さな空間は各席に設けた小さな丸窓によってカメラ・オブスキュラの原理(外の世界を逆さに写し込む)が反映できないかを検証した。
カメラ・オブスキュラとはカメラの起源である光の現象を空間に取り入れたもので、
「ピンホールカメラ」とも呼ばれ古代のギリシャや中国などで用いられた現象である。
外部の光がピンホール状の小さな窓を抜け、上下反転した像が店内の壁へ投影される。
これにより外の世界が抽象化され、うつろいゆく像に思惟を馳せる空間が実現している。

東京は新たな開発により都市の建築的な記憶が失われやすい場所である。
この時代だからこそイルマン堂がかつてカメラ屋であったことの歴史を過ぎゆく刻とともに記憶する装置となり、都市の物語性を丁寧に紡いでゆければと思うのである。



A camera obscura that makes the landscape abstract.

In Kodenma-cho, Chuo-ku, Tokyo, there used to exist a camera store called IRUMANDO, which had been cherished for over half a century. Our task was to renovate the camera shop into a modern-day coffee house while preserving its original history and name. Starting with the memory of the building as a camera store, we have examined several concepts of café space design, imagining customers musing on the passage of time over coffee.
Each floorspace of the IRUMANDO building is less than 33 square meters. To take full advantage of this limited space, we built vaulted ceilings to blur the edges of the space and installed dim lights to create a mysterious, infinite atmosphere as if being cocooned in a different world. In the midst of the café, tranquility is well combined with a touch of spiritual depth, which also holds true for the special huts used for Japanese tea ceremonies. Our key design point is to implement the theory of camera obscura within this dimly lit, confined space with the vaults and several tiny holes in its walls beside each table. The term “camera obscura” is Latin, meaning a “dark room.” It refers to an early type of camera that harnesses a natural optical phenomenon. The camera obscura device is also called a pinhole camera, which was used in ancient Greece and China. When light passes through a tiny hole on the wall, an inverted image of the outside landscape is projected onto the opposite wall of the coffee house. This effect creates ever-changing abstract images of the outside world, inviting customers to contemplate upon the transient, elusive images in this space.
Tokyo is a city where memory in architecture is prone to disappear due to never-ending urban development. In this age of uncertainty, IRUMANDO COFFEE, carrying on its original name, can act as a reminiscence of the old days of the former camera store along with fleeting moments in the remodeled cafe. We tirelessly seek to preserve and pass on narratives of the city to the future with love and care.

spec

  • 所在地
    東京都中央区
  • 主要用途
    喫茶店
  • 計画期間
    4ヶ月
  • 施工期間
    4ヶ月
  • 完成時期
    2019年4月
  • 担当
    間宮晨一千  神谷亮賢
  • 一覧へもどる