SELECTED, SHOP

柱の杜/Pillar Grove

detail

新しく建設された自社オフィスの計画。

敷地は名古屋市近郊、地下鉄の最終駅の近くに位置し、大きな幹線道路に面している。
この周辺は大規模な開発が進められ、今後、大きく変容する地域である。

設計を進めるにあたり、
今後の会社の発展を担うような、新しい空間のイメージをつくること。
スタッフのコミュニケーションが豊かに促進されること。
木造建築でつくられる可能性を探ることなど、を念頭に置いた。

この建築は次の操作により生成される。
まずは柱の操作。30本の柱を井型に配置し、内部に耐力壁をもたない構造とした。
次いで床の操作。自由に設定できる床は、働くスタッフが選択できる複数の居場所を考え、高さに変化を与えていった。
そして外装の操作。外壁の4面全てに同じ大きさの開口部を反復させ、
古典建築における正面性をもつような永続性の高い外装とした。
最後に、それぞれの操作を重ね合わせることでできた建築は、恣意性の高い空間となっている。

窓が床で切り取られていたり、手の届かない位置に存在したり、
階段が床と床の隙間から覗かせていたり、変化に富んだ空間が生まれた。
この空間に4周の窓から光が差し込まれることで、
人工物の空間でありながら森の中にいるような感覚を得る、豊かな空間となった。

この空間の生成のルールは一見すると、ポストモダンの建築を髣髴させるかもしれない。
しかし、ポストモダンの建築が意味性に特化した建築と捉えるならば、
この建築は意味と空間の強度を合わせ持っている。
本来のポストモダンの建築の在り方とは何だったのか?
改めて問い直してみたい歴史的な価値が、そこにはあるのかもしれない。


Our newly-built office plan.

The site is located in a suburb of Nagoya City, near the last stop of a metro station, and facing a major arterial road. A large development project being undertaken in the surrounding area, will transform the site in years to come.

The following points were focused on to carry out the project:
Creating the image of a fresh space that will play a key role in our company’s future development.
Encouraging rich communication between the staff.
Exploring the possibilities of a wooden structure.

The construction was planned with the following considerations in mind:
Firstly, concerning the placement of pillars, 30 pillars were placed in a hash-tag layout allowing the creation of a structure that has no load bearing walls inside.
Secondly, with regard to the slabs, free-arrangement of the slabs produced differences in height allowing the staff to choose their own custom spaces in the office. Thirdly, regarding the exterior, same-sized openings cover all four walls and give a classic look to the main façade, and provide it with the impression of durability. All of these elements came together to create an intentionally designed space that could bear unintended and surprising forms of functionality .

Characteristics such as windows cut-off by slabs, windows placed in inaccessible locations, and the staircase peaking out from between slabs contribute to a rich, unusual space—a space that provides the feeling of being in a grove, accomplished through the sunlight shining down via windows on the walls surrounding the inside, —even though the space was created artificially.

The rule that presided over the production of this space may appear to recall postmodern architecture. However, if postmodern architecture is recognized as specializing in meaning, this structure has both the strength of meaning and space. What is “postmodern” originally supposed to mean? The reconsideration of historical value is imbued in this architecture.


spec

  • 所在地
    愛知県日進市赤池
  • 構造・規模
    木造
  • 主要用途
    オフィス
  • 計画期間
    18ヶ月
  • 敷地面積
    171.80㎡
  • 施工期間
    7ヶ月
  • 建築面積
    134.64㎡
  • 完成時期
    2013年9月
  • 延床面積
    250.02㎡
  • 担当
    間宮晨一千・掛布麟太郎

cooperation

構造:寺戸巽海構造計画工房
照明制作:金森正起
ポスト・テーブル制作:魚安家具

  • 一覧へもどる