SHOP

K&K DESIGN

detail

名古屋市天白区にあるデザインオフィスの計画。
クライアントからは1つの大きなワークスペースと
2つのミーティングスペースが求められた。

打ち合わせを進めていく中で、約35坪あるフロアを
3つのスペースに仕切ることが必要であり、
元々ある空間の抜けや広がりが損なわれていくことが危惧された。

この場所がテナントビルの2階の角ということもあり、
3方向に同じ大きさの窓が多く用いられ、外周に対して開放的な空間であった。
この開放感をそのままに、広がりを感じられるアイディアはないかと検討した。

そこで外壁(既存)に面する窓と、同じ大きさの窓を内壁(新規)にも施し、
「窓が連続する空間」を目指した。

窓の向こうに窓があり、更にその奥に窓が見える光景は
より豊かな広がりを得る空間となっている。



Project for a design office in Tenpaku-ku, Nagoya-shi.
Clients required one large workspace and two meeting spaces.

After several meetings, we realized the necessity of dividing the 115m2-floor into three spaces, while considering the loss of the original spatial intent.

Since the site was located at the corner on the second floor of a building with tenants, the same sized windows were already installed in three directions, which gave it the sense of openness toward the outside space.
To create a spatially extended atmosphere while keeping the existing openness, a space with consecutive windows was proposed by installing new windows on the interior wall, which are the same size of the existing windows on the exterior walls.

These are windows inside of windows: the scenery expanding beyond the window increases the sense of depth.


spec

  • 所在地
    名古屋市天白区
  • 構造・規模
    鉄骨造 2階テナント
  • 主要用途
    デザイン事務所
  • 計画期間
    2ヶ月
  • 敷地面積
  • 施工期間
    1ヶ月
  • 建築面積
  • 完成時期
    2013年6月
  • 延床面積
    113.01㎡(34.18坪)
  • 担当
    間宮晨一千・杉浦愛子
  • 一覧へもどる